こんにちは!最近またまた弦を変えた福田です!(^^)

例の弦、音は気に入っていたのですがやはり3弦のチョーキングが上がらないのは少し不便なんですよね、、、。


せっかく良い弦を見つけたのに残念で仕方ありませんがお仕事に支障が出たらいねませんからね(^^;;

結局今度はダダリオのピュアニッケルという弦を試していますがこれも中々良い感じです!


またいつかあの弦リベンジしたいと思います!(`_´)ゞ



音楽以外の世界にも当てはまる事かもしれませんが、世の中にはその世界の定番というものがあります。



例えばギターの世界で言えばフェンダーのストラトキャスター、テレキャスターの形状。
ギブソンのレスポールの形状。
アコースティックギターといえばDやO系、Jなどのギターの大きさや形状が挙げられます。



もっと当たり前な定番を言ってしまえばピックは三角、ティアドロップ、おにぎり型などが定番と言えるでしょう。



ギター以外でもドラムであればスティックの形状だったり、材質だったり。
普段そこまで考えず当たり前のように使用している定番品がどんな楽器にもあると思います。



さて普段当たり前の様に使っている定番品というものは何故定番品なのでしょうか??




ギターなどで言えばギブソンのMODERNEやフェンダーのSTAR CASTERなど今ではあまり使っている人がいないギターも沢山発売されてきた中で(誤解がない様にしておきたいのはどちらの機種も素晴らしいサウンドです)、

レスポールやストラトキャスターが定番として残り続けているのはやはり使う側のニーズに合っているからではないでしょうか。


サウンド、機能性、実用性など定番と言われる機種には定番になるだけのそれなりの理由があると思います。


例えばストラトキャスターが今でも世界中で使用されているのはコンター加工(体に当たる部分が削られている)が施されフィットしやすく、またサウンドに関しても5wayのスイッチングが使用されていて多くのジャンルを幅広くカバーできるという点、大量生産を目的に当初は作られたであろうネックジョイントがボルトオンである事で比較的メンテナンスがしやすい点など、

先に挙げたサウンド、機能性、実用性を兼ね揃えている事から使用者が多いのではないかと思います。



ピックやスティックもその形が多くの人に使われ定番と化しているのはやはり使いやすさ、音色、様々なプレイへの対応力がニーズに合っているからだと思います。
例えば丸型ピックよりもティアドロップ型などの尖ったピックが一般的に普及しているのは細かなフレーズを弾いたりニュアンスをつける際に繊細な動きに対応してくれるからではないかと思います。



定番品というとどうしても人と同じものでかぶってしまい変わったものを使いたいなぁと思う時もあるかもしれませんが、定番品が定番品になっているには理由があると思います(^^)
その定番品を使う事によって自分の中で他のものを使う時に基準を作る事ができるので定番品が定番品たる理由を考えて使ってみるのもまた大切な事ではないかと思います(^-^)/